てらまんの投資録

アラサーリーマンによる投資中心の雑記

来年は米国株は伸び悩む?テーパリングについて

米国株に投資している人の多くは知っていると思われるテーパリングについてです。

 

テーパリングとは何か?

 

直訳すると、先細り、次第に先が細くなっていく、の意です。

 

何が細くなるか?

 

金融緩和のことです。金融緩和が細くなる=金融引き締めが起こる=金利を上げる

 

テーパリングの言葉の通り、一気に金利を上げるのではなく、段々引き締めていく、段階的に金利を引き締めることを意味します。

 

テーパリング=段階的な金融引き締め

 

金融緩和とは何か?

 

平たく言うと、中央銀行金利を下げて、企業がお金を借りやすくなることを言います。

 

コロナが流行り始めた頃は、コロナで不景気になることを見越して金融緩和を行い、積極的に融資を受けられるようにして経済を回そうという目論みがあったように思います。

 

金利でお金を借りられるのはとてもお得な行為です。

 

何かしらの事業を行うには大抵の場合先立つ物が必要なので、低金利で借りられる状況は一企業の視点で見ればとてもお得です。

 

その結果かどうかはわかりませんが、2021年の米国株(主にs&p500等)は一貫して右肩上がりで、米国株に長期投資していた人のほとんどは資産が増えたことでしょう。

 

しかし、2021年11月にテーパリングが始まりました。

簡単に言えば、お得に融資を受けることができなくなりつつあります。

 

金融引き締めを行う目的は、加熱した景気を抑えることです。

 

何故加熱した景気を抑えなければいけないか?

 

前提として、景気が加熱する=インフレが起こる、という図式があります。

 

インフレが起こると、給与、物価等諸々の水準が上がります。(=お金の価値が下がる)

 

その中には、一般労働者で給与UPの恩恵を受けられる人もいれば、年金暮らしや生活保護で暮らす人などの給与UPの恩恵を受けられない人もいます。

 

物価が急に上がったからといって、急に生活保護費や年金受給額は上がらないからです。

 

つまり収入が上がらないのに物価が上がる=生活が苦しくなる人が現れるわけです。

(余談ですが、借金を抱えている人にとってインフレは得です)

 

そういったことを防ぐ為に、インフレによって上がり続ける物価を抑えるために金融引き締めを行わないといけないのです。

 

金融引き締めによって何が起こるか?

 

色々な影響がありますが、株価の話で言えば株価は下落傾向になります。

 

何故株価が下がる?

 

あなたは何か事業を始める時に、お金が無ければ借りるしかありません。

 

その借りるお金の金利が高いと損=お金を借りづらくなります。

 

お金が借りづらくなると事業を始めづらい=ビジネス的に挑戦しづらくなります。

挑戦しづらくなる=その企業に期待する人が少なくなる=株を売るand買わなくなる、という流れです。

 

テーパリングは2022年3月頃まで段階的に行わらる予定です。

 

これにより、来年の米国株は伸び悩む可能性があります。

 

私見ですが、長期の積立投資をする人にとって、伸び悩む時期は絶好のチャンスだと思います。

 

積立投資は、言い換えればドルコスト平均法を何年にも渡って続けることと同義です。

 

その場合、積立投資を始めた最初の10年間は続騰→次の10年間は伸び悩む、よりも

 

積立投資を始めた最初の10年間は伸び悩む→次の10年間は続騰、の方が資産は多くなるからです。

 

S&P500の過去の平均利回りは7%と言われてますが、いずれにせよこれからの利回りを保証するものではありません。

この先20-30年間でどのような動きになるかは正確には誰にもわかりません。

 

しかし米国株に積立投資を行う人は、何も考えずに入金力を上げることに注力することが結果的に最善だという結論になる可能性は中長期で高いと思います。

労働信仰

お金を得る為には何をしなければいけないでしょうか?

 

ほとんどの人は働くこと、労働が真っ先に思い浮かぶかと思われます。

 

当然そうなのですが、現代の日本社会で労働賃金だけで資産を形成するほど稼ぐのはとても難しいです。

 

一生金の為に働き続けることは、現代の奴隷とも言えてしまうかもしれません。

 

資本主義社会では、資本が物を言います。(個人の解釈です)

現代の日本では、資本を持たない者は60歳を超えてもなお生かさず殺さずの低賃金労働を続けます。

 

日本は、株などの金融資産の譲渡益にかかる税率は2021年現在で20.315%です。

これは労働所得よりも低い税率であるだけでなく、累進課税ですらありません。

 

労働のみで可処分所得1000万を得るには、約1500万の年収が必要ですが、株式投資ならば約1250万の譲渡益で済みます。

250万も節約できるのと同義と言えます。

 

また、日本では長らく所得が増えていないのはデータから見ても明らかです。

 

日本で労働所得のみで資産を形成するのはあまりにも効率が悪過ぎるのです。

 

お金を持ってる人が有利である。

 

物凄く平凡な主張をしましたが、もっと具体的に言うなら

 

金持ちであればある程、莫大な複利効果を得ることができる。

 

となります。

 

労働信仰が蔓延することによって誰が1番得をするのかと言えば、資産家や投資家なのです。

 

労働によって生み出された付加価値は、資産家、投資家に還元される構造になっています。

労働者には還元されません。給料が上がらない企業が多く、平均賃金はもう何十年も横ばいです。

 

余談ですが、私は労働信仰を最初に提唱した人間は資産家である可能性が高いと考えています。

 

労働者が富を作り出さなければ、自らの富を増やすことができないからです。

なので、労働者には働いてもらわねばなりません。それもできるだけ安い賃金で、です。

 

価値観は人それぞれなので一概に否定はしませんが、

私から見れば、労働者でありながら労働信仰をしている人は、本当にそれでいいのかと感じてしまいます。

 

働くことが美徳、働くことがアイデンティティ、それによって思考停止してしまっているような人を見たことがあります。

もちろん本人が一生働いて労働賃金のみを当てにして生活することをよしとするならそれで構わないのですが。

 

と、ここまで労働や資産家、資本主義を批判してきたように見えるかもしれませんが、私自身は労働も資産家も資本主義も批判するつもりは一切ありません。

 

そもそも現在の日本は全体的に貧しくなっているので、労働者のみならず資産家も依然と比較し、貧しくなっています。

投資家等の存在が無ければ、何かビジネスを始めるための資金を調達できないので、資本主義社会には不可欠です。

 

国が繁栄するためには労働者が価値を生み出さなければなりません。

 

祖国の繁栄の為、これからも精一杯労働に励みましょう。

家計簿なんてつける必要はない

家計簿をつける人が世の中にはいます。

 

お金に対して真摯に向き合い、金持ちになる第一歩のような、そんな良い印象を持つ人がいるかもしれません。

 

実際、家計簿をつけずに支出について何も考えることなく浪費ばかりする人よりは貯蓄できるかもしれません。

 

しかし、私は家計簿をつけている時点でお金に対する認識がまだまだ甘いと感じます。

 

そもそも家計簿は一体何のために付けるのでしょう?

 

私自身ほとんど家計簿をつけたことがないので分からないのですが、恐らく

『支出を記録し明確にして、無駄な支出がないかをチェックする為』というところが最大の理由なのだと思います。

 

余計な支出を削減するための確認作業に必要なのでしょう。

 

しかしそもそもお金を使う際、それが本当に使う必要があるのかどうか毎回自分で考えてから判断していれば、ほぼ全ての無駄な出費は防げます。

 

無駄な出費がないならこれ以上の支出を見直す事はできないので、私の思う家計簿の存在意義はなくなります。

 

もし無駄な出費を無くしても家計が成り立たない=赤字が続くようなら、そもそも生活が破綻しているので根本的な改善が必要であり、もはや家計簿程度で解決できるレベルではありません。

 

家計簿をつけるより、もっと根本的に支出の意識を変えた方がいいのでは?という話でした。

お金の価値は下がり続ける

あなたはまだ円以外の金融資産を持たないつもりですか?

 

こういう話を聞いたことはないでしょうか。

 

昔の1円は今でいうところの1000円くらいの価値だった。

 

この話は、1円当たりの価値が昔より下がったことを意味します。

日本の、特に筆者含む平成以降に生まれた人間にとっては、かなり大昔の話なのだろう という感覚が拭えず当事者性を感じにくいかと思われます。

 

それもそのはず、日本は約30年間 初任給が20万前後と横ばい、牛丼は相変わらずワンコインで食べられます。色々なものが多少値上がりはしましたが、普通に生きているだけではお金の価値が相対的に下がることを直感的に理解することが難しいです。

 

しかしここ100年あまり、世界中のほぼどの通貨も価値が下落し続けており、相対的に株や金等の資産価値を持つものの価値は上がり続けています。

 

各国の経済力を測る指標の一つとして、ビッグマック指数というものが存在します。

ビッグマック指数とはアメリカのビッグマックの価格を基準に指数を1と設定し、1より上だと米ドルの購買力が下回っていることが分かります。

 

日本のビッグマック指数は、1986年では1.5、2021年現在では0.62まで下がっています。

 

これは、日本の購買力が下がっていることを意味しており、平たく言うと国全体が貧乏になっています。

 

今の日本では、急速に円安が進んでいます。

 

世界的に見ると円だけの価値が下がっている状態です。

 

ただでさえ長期的に貨幣価値は下がるのに、その貨幣の中でも円は突出して価値を下げています。

 

これでもまだ金融資産を円だけで持とうとするでしょうか。

 

貯金しかせず何にも投資しないことは、円に全力投資することと同義です。

 

今の100万円は、30年後には80万、70万、もしかしたら50万程度の価値しかないようなことになっても不思議ではないどころか、むしろその可能性の方が圧倒的に高いです。

 

円しか持たないこともリスクである、という話でした。

お金は本当に大事なのか

今回は、お金って皆が思うほどそんなに重要じゃないし、お金で悩むのって人生の無駄だよね という需要が全くなさそうな話です。

 

お金は大事ではない、という人を私はほとんど出会ったことがありません。

実際現代社会で生きていく為には最低限のお金が無いと困窮します。

 

しかし、逆に言えば必要最低限のお金さえあればそれ以上のお金はそれほど重要ではない、という捉え方もできると思います。

 

必要最低限のお金がどのくらいかは人によって多少変わると思いますが、2021年現在の日本の単身者の生活保護受給額は10~13万円程度らしいので、12万あればいいというのを一つの指標とします。

 

すると年収200万もあれば、今の日本の物価的に生活するだけなら何の問題もありません。

 

それだと貯蓄ができないから将来不安だという意見が聞こえてきそうですが、本当に困窮した場合は行政からの補助(それこそ生活保護等)を受けて生活することができます。

 

日本国憲法第25条に『すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。』という記載があり、日本という国が破綻しない限りはお金の不安というのはある種幻想でしかありません。

 

そもそも、お金の不安とは何を指しているのでしょうか。

困窮しても行政の補助がある以上、餓死するようなことには通常なりません。

そういった行政の補助の存在を知らないと申請することすらできないので、ごくまれに日本でも餓死者はでますが、色々調べれば無理に働く必要すらなく生活できてしまいます。

 

贅沢はほぼできませんが、贅沢したいならその分頑張って稼げばいいだけのことです。

 

この考え方のメリットとして、お金の執着が無くなります。

投資しているなら、昨今の下落などにも動じることなく過ごせます。

 

貧すれば鈍するという言葉があります。

平たく言うと、困窮してお金のことばかり考えると他のことに頭が回らなくなる(思考力の低下を招く)ので、頭が悪くなってしまうことです。

 

お金のことについて日々考えることは大変無駄なことで、その思考を何か別の方向に向けた方がよっぽど生産性も幸福感も向上します。

 

お金について悩むことから解放されましょう、という話でした。

不安心理

投資をするなら感情的な判断をしてはいけない、と当ブログでは再三主張していることですが、不安心理によって株価が下落することは想像に難くないかと思います。

 

下落を恐れることによって株を手放す。

 

これは感情由来の判断になります。

 

しかし、多くの投資家がその心理によって売りに転じ、株価が下がる事を見越して早めに売るという判断は、同じ売るという行為でも意味合いは大きく違ってきます。

 

麻雀やポーカーでも上振れが来れば、流れが来てる、ツキが来てるというのを信じて攻め気でいく人がいます。

 

実際流れが来てるから、次も幸運が続くというのは勘違いでしかないのですが、それを信じる事によって相手のプレイが変化することに対応する必要はあります。

 

相手が感情的な非合理な判断をしていることに対し、理性的に対応する事はとても大事です。

 

どちらも、大局的に場を見て判断する事は大事という点では同じです。

 

ところで話は大きく変わりますが、ここ数日はコロナウイルスの変異種であるオミクロン株の出現により、世界各国で株安となりました。

 

このオミクロン株ですが、現状まだ実態がよく分からない、どれほどの影響力を持つかは不透明、という状態です。

 

実態が不明な時、その想定されるリスクは過大評価されやすい傾向にあります。

 

過大評価されたリスクは不安心理を増幅させ、株価を下落させます。

 

オミクロン株の実態が明らかになるまでは(バイデン大統領曰く、2週間程かかるとのこと)、短期的には下落傾向になりそうです。

 

オミクロン株に対する既存のワクチンの効力、感染力次第では、昨年のコロナショック程の株安を引き起こす可能性も0ではないかと思います。

 

しかし筆者のようなインデックスへの長期投資戦略をメインにしている場合、どの道売る必要はありません。

 

どれ程株安になろうと、定期的に無心で機械的に買い増し(積立)していく、所謂ドルコスト平均法を継続していくことが、最適では無いにしろ1つの正解と思います。

テキサスホールデムに学ぶ投資のマインド

テキサスホールデムというポーカーの一種のゲームがあります。

 

私は投資に必要なメンタリティーや心持ちはポーカーを通じて学びました。

 

ポーカーから投資のマインドを学ぶと書きましたが、ポーカーのゲーム性は投資そのものです。

 

私はポーカーの戦略本を10冊以上読み、Game Theory Optimal (GTO) と呼ばれる、ポーカーにおけるゲーム理論を独学し、$オンラインの低レートキャッシュゲームは安定してそこそこ勝ち越せるようにはなりました。

 

最低レートなので、半年かけて$10から$300に増やすというのんびりさではありますが、マイナスサムゲームで長期的に確実に増やせています。

 

私が最初に読んだポーカーの戦略本が、『フィルゴードンのポーカー攻略法 入門編』でした。

 

その本の序盤に記載されている印象深い言葉が、『このゲームはギャンブルではない。戦略的投資ゲームだ。』というものです。(※言い回しはうろ覚えです)

 

その通り、このゲームは短期的にはギャンブルとも言える程運に左右されますが、長期的にはほぼ確実に強いプレイヤーが勝ち越します。

 

ポーカーは人生の縮図とも言えるゲームです。

 

選択の連続であり、正解の選択肢は複数あることも多く、しかし正しい選択をしたとしても、その時その時では必ずしも良い結果に結びつくとは限りません。

 

ポーカーを続ける限り、

どれだけ期待値的に正しいプレイをしたとしても、運次第で負ける時は負けます。

 

私もポーカーをやり始めた最初の頃は、理不尽な負けをする度に怒りや苛立ちの様な感情が沸き起こり、プレイが雑になることも多々ありました。

 

そうなると、非合理的な感情任せの選択をしてしまう=長期的に負けるプレイをしてしまい、損失を拡大させてしまいます。

 

これは投資にも全く同じことが起こり得ます。

 

暴落し、これ以上の損失を拡大させたくないという感情的な判断で損切りをする。

 

含み損を確定させたくないという感情的な判断で、今後上がる見込みの薄い株を持ち続ける(所謂塩漬け)。

 

急騰した株に乗り遅れまいと、急いで急騰した株を買う。

 

これらの感情由来の非合理的な判断は、決してするべきではありません。

 

ポーカーも同様に、どれだけ理不尽な負けを重ねても、決して感情的にならず無心で正しいプレイをひたすら重ね続ける必要があります。

 

確率は長期的には収束するものなので、短期的な不安を嘆くことに意味はありません。

 

とはいえ、これらのことは 言うは易く、行うは難し です。

 

いつ投資をしてて暴落に巻き込まれても大丈夫なように、常に冷静に判断するよう心掛けましょう。

 

ポーカーをプレイするに当たって必要な心持ちを学べば学ぶ程、投資に必要な心持ちも学べるという話でした。